飲むだけで達成できる!青汁ダイエット

青汁ダイエットとは?

青汁ダイエットとは、青汁を飲むだけで痩せるという方法です。青汁を毎日飲むだけで本当に痩せるのかな?と疑問を感じている人が多いと思いますが、そのメカニズムを知ると本当に痩せるということがわかります。青汁を使ったダイエット方法にも様々なやり方があります。

 

・ 食前に飲んで食べすぎ防止
・ 便秘を改善してスッキリ効果
・ ビタミンやミネラルを補給し代謝アップ
・ 朝食代わりに利用する

などの方法です。1日3回飲む方法でも良いですし、朝のみ青汁を飲む方法もあります。青汁ダイエットといっても、どの効果をメインに考えるかによりその利用方法は多少変わります。青汁ダイエットは1日や2日では効果が現れないため、続けやすい方法を選択しましょう。

 

食前に飲む方法は、青汁に含まれる食物繊維で空腹感を和らげることができます。水を食前に1杯飲むより、青汁1杯のほうが食欲がおさまる効果が高くなります。普段より食べ過ぎないため自然と摂取カロリーが抑えられます。

 

便秘は体の代謝にも影響するため、便秘がちの方は青汁を便秘解消目的で利用すると上手くいきます。青汁に含まれる食物繊維は、老廃物や脂肪の排出も促すことができます。

 

朝食代わりに飲む方法は、単純に朝のプチ断食です。スムージーより青汁のほうが簡単で続けやすくなっています。

シンプルな青汁ダイエット

青汁ダイエットをする際に面倒なのは続かない、そう感じる方は青汁をとにかく1日1杯飲みましょう。それを1ヶ月続けるだけでも青汁ダイエットは成功します。この青汁ダイエットのメカニズムは、青汁に含まれる食物繊維が糖の吸収を緩やかにしたり、老廃物の排出を促すからです。さらにビタミン、ミネラルで代謝もアップできます。

 

このダイエットのやり方では、青汁を飲む時間はとくに決めなくても大丈夫です。朝、昼、夜など好きな時間でOKです。毎日飲む方法を1ヶ月続けるわけですから、飲み忘れない時間帯に設定しましょう。

 

朝起きたら何か飲む人は青汁に置き換えて、お風呂上りの水分補給として、会社にもって行きお茶代わり、などといった感じです。何か飲む代わりにすると、青汁を飲むのを忘れず続けられます。

 

青汁ダイエットでは、皮下脂肪より内臓脂肪のほうが落ちる働きが高くなります。青汁に含まれる食物繊維の力で、糖質や脂肪などの吸収を緩やかにし、脂肪をためにくくしてくれるからです。どちらかというと早く効果があらわれるのは、食生活が乱れて内臓脂肪型肥満になっている方です。

 

内臓脂肪が増えていた原因が青汁で取り除かれ、効果はゆっくりですが現われてきます。

青汁ダイエットのメリット

青汁ダイエットのメリットは、様々なものがあります。食べないダイエットでは最初に効果が現れても、次第に痩せるスピードが落ちたり停滞します。これにはちゃんとした理由があります。

 

・ 食事制限をしなくていい
・ 空腹感を感じない
・ ダイエットしている実感が少ない
・ 甘い物欲求も抑えられる
などの効果が青汁ダイエットでは得られます。青汁を食前に飲む方法では、自然と食欲が落ちて摂取カロリーを抑えることができます。この方法はとくに無理な食事制限でもなければ、食欲を我慢しているわけではありません。満足できる程度に食べているのに、食前に青汁を飲むだけで自然と食べる量が減らせます。

 

このようなダイエットなら無理している感じがまったくなく、長期間続けられます。デメリットといえば、1日3杯の青汁が必要となるため、1杯100円だとすれば1日300円は費用がかかってしまうことくらいです。

 

甘い物欲求が抑えられるのは、ビタミンやミネラルなど必要な栄養素が摂取できているからです。人は栄養が偏っている際に食欲が増したり、甘い物欲求が高まったりします。青汁で1日に必要な栄養が補給できていれば、脳が飢餓感を感じることはなく自然と食欲は落ち着いてきます。

 

明日葉青汁ランキングはこちら 

関連リンク

明日葉青汁・・・美味しい明日葉青汁をお探しの方の参考になるサイトです。
大麦若葉青汁・・・これから青汁を飲み始めたい方に知っておいてほしい情報を紹介しています。

タイプ別ダイエット

青汁に使われている原料は様々で、その原料に合わせてダイエット効果が多少違います。甘い物が好きな人、むくみがちな人、酵素が足りない人など、太る原因は人により違うため、その原因から飲む青汁を変えてみましょう。

 

・ 桑の葉
桑の葉には血糖値コントロール作用があるため、食事で糖質を取りすぎる方に選んで欲しい原料です。甘い物が好きな方にとっても、青汁を取り入れれば糖のコントロールができます。桑の葉は癖がなく飲みやすい味のため、青汁の苦味が苦手な方にも最適です。

 

・ 明日葉
明日葉に含まれるカルコンは糖のコントロール、脂肪の燃焼を高めることができます。カリウムも多く含まれているため、むくみが気になる下半身太りの方に便利な原料です。

 

・ クマザサ
アミノ酸が豊富な青汁の原料です。アミノ酸は筋肉のもととなり代謝アップにも欠かせません。適度な運動と組み合わせると、若い頃のような脂肪が燃焼しやすい体に変わっていきます。

 

青汁としてよく利用されているケールですが、明日葉と比べると栄養のバランスがあまりよくありません。その代わり青汁特注の食物繊維の摂取はできますから、便秘がちな方には最適です。肥満になる原因で多いのが、糖が余り脂肪を蓄積してしまうことです。そのため桑の葉や明日葉のように糖のコントロール作用があるほうが効果は実感しやすくなります。

 

大麦若葉青汁についてはこちら